透明性レポート

2017年7月1日—2017年12月31日

開示日:2018年5月15日
最終更新日:2018年5月15日

Snapchat 透明性レポートは年2回発行されます。このレポートには、政府からのユーザーアカウント情報の提供要請の内容および件数、ならびにその他の法的要請に関する重要な情報が記載されています。

2015年11月15日以降、当社は、アカウント情報の開示を求める法的要請を受けた場合、法的に禁止されている場合、あるいは特殊な場合(児童労働搾取、死亡または傷害の恐れなどの差し迫った危険がある場合)の2つの例外を除いて、ユーザーにその旨を通知するポリシーを規定しています。

法執行機関によるデータ要請に対する当社の対応方針については、法執行ガイドプライバシーポリシー、及び利用規約をご覧ください。

米国刑法に関連した要請

米国の法的手続きに基づいたユーザー情報の提供要請

報告期間 要請件数 アカウント識別項目数* 要請に対するデータ開示の割合(%)
2017年7月1日—2017年12月31日 5094 8528 88%
召喚状 1401 2573 89%
PRTT 23 26 91%
裁判所命令 151 236 82%
捜査令状 3151 5221 88%
EDR 356 436 83%
傍受命令 12 36 100%
訴訟期日呼出状 76% 151 99%

海外の政府機関からの情報提供要請

米国以外の政府機関によるユーザー情報の提供要請

報告期間 緊急要請 緊急要請を受けたアカウント識別項目数 緊急要請に対するデータ開示の割合(%) その他の情報提供要請 その他の要請を受けたアカウント識別項目数 その他の要請に対するデータ開示の割合(%)
2017/7/1 - 2017/12/31 193 206 81% 304 374 0%
アルゼンチン 0 該当なし 該当なし 5 6 0%
オーストラリア 6 6 33% 14 12 0%
オーストリア 0 該当なし 該当なし 0 該当なし 該当なし
ブラジル 0 該当なし 該当なし 0 該当なし 該当なし
カナダ 74 79 81% 3 2 0%
デンマーク 2 2 50% 13 15 0%
フランス 6 5 50% 61 74 0%
ドイツ 1 1 100% 23 26 0%
インド 0 該当なし 該当なし 12 15 0%
アイルランド 0 該当なし 該当なし 1 1 0%
イスラエル 1 1 0% 1 0 0%
オランダ 2 3 100% 2 2 0%
ノルウェー 3 3 100% 14 20 0%
ポーランド 2 2 100% 3 1 0%
スペイン 0 該当なし 該当なし 1 1 0%
スウェーデン 1 1 100% 13 11 0%
スイス 4 4 75% 4 8 0%
アラブ首長国連邦 0 該当なし 該当なし 0 該当なし 該当なし
英国 91 99 77% 134 180 1%

米国の国家安全保障に関する要請

国家機密関連の法的手続きに基づくユーザー情報の提供要請

国家安全保障 要請件数 アカウント識別項目数*
2017年7月1日—2017年12月31日
NSL及びFISAからの命令/指令 0~249 0~249

政府からのコンテンツ削除要請

このカテゴリーでは、利用規約またはコミュニティガイドラインで許可されているコンテンツに対して政府が行った削除要請の件数を表示します。

報告期間 削除要請件数 要請に応じてコンテンツが削除された割合
2017年7月1日—2017年12月31日 3 100%
サウジアラビア 1 100%
アラブ首長国連邦 1 100%
バーレーン 1 100%

注意:政府機関の要請により、当社のポリシーに違反するコンテンツを削除した事例については公式に追跡していませんが、そのような要請は非常に稀なケースです。ポリシー違反には該当しないものの、特定の国の法律に抵触するとみなされるコンテンツに関しては、世界一律で削除するよりも、当該地域におけるコンテンツへのアクセスを制限する形で、閲覧制限をかけるように努めています。

著作権侵害の疑いがあるコンテンツの削除要請(DMCAに準拠)

このカテゴリでは、デジタルミレニアム著作権法 (DMCA) に基づいて当社が受領した正当な削除要請の件数を表示します。

報告期間 DMCAに基づく削除要請件数 要請に応じてコンテンツが削除された割合
2017年7月1日—2017年12月31日 48 37.5%
報告期間 DMCAに基づくコンテンツ復旧要請件数 要請に応じてコンテンツが復旧された割合
2017年7月1日—2017年12月31日 0 該当なし

* 「アカウント識別項目数」とは、政府機関が法的手続きを用いてユーザー情報の提供要請を行った場合の対象識別項目の数(例:ユーザーID、メールアドレス、電話番号など)を示しています。一部の法的手続きには、複数の識別項目が含まれる場合があります。また、複数の識別項目が単一のアカウントに関連している場合もあります。単一の識別項目が複数の要請の対象となっている場合は、各要請ごとに項目数がカウントされます。